「ヴェノナ文書」の衝撃 塗り替えられる近現代世界史ーその2 がんばれ日本130621

この論評は平成25年6月にしたためたものです。
米国の情報公開制度によって「ヴェノナ文書」が公開されました。
その内容はソヴィエトのコミンテルンスパイがルーズベルト大統領の周辺に多数入り込んで、日米開戦に向けて暗躍した姿が浮き彫りになっています。
前回に引き続きその2として日米開戦の事実についてご参考いただければ幸甚です。

なお、最終部に以下の動画から藤井厳喜氏の講演会を音声で引用、ご紹介しています。
以下のリンクでぜひ全編をご覧ください。
フランクリンルーズベルト大統領の真の姿を理解できます。
リンク先チャンネル名:Gemki Fujii (藤井厳喜氏のチャンネル)
動画名:【藤井厳喜・講演】アメリカ共和党は日米戦に対してどのような考えをしていたか2<日米歴史検証・第5弾「大東亜戦争問題シリーズⅡ」>
trvision.net/detail/video-IiYbaflV2hA.html
日 時 : 平成25年10月19日(土)
場 所 : 東京・池袋「豊島区医師会館」
演 題 :【<歴史・公民>東京塾・第22回研修会】
<日米歴史検証・第5弾「大東亜戦争問題シリーズⅡ」>
~「『ウェデマイヤー回想録』(WEDEMEYER REPORTS)・第二次大戦に勝者なし~

Herunterladen

YORUMLAR

    「ヴェノナ文書」の衝撃 塗り替えられる近現代世界史ーその2 がんばれ日本130621